1. 全ての商品
  2. ブランド別
  3. 家事問屋
  4. 家事問屋のシステムバット 1/2
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・容量・重さ(約)/16.7×22.1×高さ6.1㎝・1.7ℓ・262g
● 素材/バット:18-8ステンレス ふた:ポリエチレン
● バットのみ食器洗い乾燥機使用可 電子レンジ使用不可
●日本製

家事問屋のシステムバット 1/2

おすすめ商品

¥ 2,310 (本体 ¥ 2,100)

商品コード 03029

数量

「ふたつきバット&ざるで時間とスペースに余裕を!」(ワタナベ マキさんより)

ワタナベマキさんが「ほぼ毎日使っていますよ」と愛用中なのが、ふたつきのシンプルなバットと四角いざる。それぞれ別売りのものですが、セットで使うとさらに便利に。「ざるをセットした状態でバットにふたができるから、下ごしらえに大助かりなんです」とマキさん。

夜のうちにささっと葉野菜を洗い、このセットに入れて冷蔵庫に置いたら、あとはほったらかし。朝食を作るころには水けがきれているので、めんどうな水きりの手間が省けるそう。「ふたをすると密閉できて衛生的なうえに、冷蔵庫に重ねて置けて省スペース。下ごしらえしながら保存できて、いいことずくめですよ」。

マキさんがお持ちのサイズは、野菜や魚を入れるのにちょうどいい1/2サイズと、余った豆腐の水きりや少量の乾物をもどすのに便利な1/4サイズ。なんと、合わせて8セットもお持ちと聞いて驚き! その愛用度合いがひしひしと伝わってきます。


【ワタナベ マキさん】
グラフィックデザイナーを経て料理家に。野菜たっぷりの体にやさしいごはんは、おしゃれで作りやすいと評判。小誌連載「ワタナベマキさんの 気ままな保存食」では、季節ごとの旬の食材を自在に操る。インスタグラム(@maki_watanabe)も人気。


燕三条で見つけた、機能派キッチンアイテム【家事問屋】とは
2015年に誕生した、生活道具を手がける「家事問屋」。使うほどによさを実感できる、ステンレスの道具類は、プロの料理家からの信頼も厚く、口コミでファンを増やしている新しいブランドです。その背景には、長年、多種多様な企業コラボ製品を作り出してきた積み重ねがあり、機能性も折り紙つきです。



【システムバット&角ザル 】の一覧は こちら

【 ワタナベマキさん 】おすすめ商品は こちら

【 家事問屋 】の商品一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    魚の下ごしらえに使えばおいしさアップ
    朝、魚に塩をふっておけば、夕食前には水けや臭みが抜け、仕上がりがワンランク上のおいしさに。
  • 説明画像
    時間とスペースを生み出してくれる
    夜、洗ったレタスやベビーリーフなどを入れ、付属のふたをして冷蔵庫へ。翌朝には水けがきれているので、器に盛るだけでサラダが完成。
  • 説明画像
    揚げものの油きりにも使いやすい
    揚げものの油をきるときにも便利。ささっとセットできるから、あわてずに作業できます。深さがあるので、側面に立てかけて油をきりやすい。
  • 説明画像
    おかずの保存にもぴったり
    システムバットと角ザルは、もちろん単体でも重宝します。バットは密閉できるふたつきなので、作りおきおかずの保存容器にもどうぞ。
  • 説明画像
    さまざまなシーンで大活躍
    使って余った材料の保存や、あさりの砂抜き、乾物をもどすときにも便利。
  • 説明画像
    家事問屋(かじどんや)
    新潟県・燕三条地域にて、地域に根ざすものづくりの歴史と素材・技術を背景に、家事道具や生活雑貨を製造、販売。産地ならではのノウハウを詰めた、シンプルで長く使える製品シリーズは、プロの料理家からの信頼も厚い。
  • 説明画像
    「ずっと使いたい」家事の道具を「ずっと」つくり続ける。
    金物の名産地・新潟県燕三条地域。工場ごとに得意な工程を受け持つ、分業スタイルが定番です。各工場と消費者とをつなぐのも「家事問屋」の仕事。

おすすめ

close