1. 全ての商品
  2. 食器・テーブルウェア
  3. カトラリー
  4. クチポール NAU ティースプーン
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/全長13×幅2.4cm・12g
●素材/18-10ステンレス、樹脂
●つや消し加工
●食器洗い乾燥機使用可(スチーム洗いは不可)
●ポルトガル製

※この製品はポルトガルのクチポールの工場で作られた正規品です。
※ご使用後は早めに洗い、よく乾かしてから収納してください。
※食器洗い乾燥機は使用できますが、カトラリーどうしの接触は傷の原因となるのでご注意くだい。また、90℃以上の高温で洗うのは控えてください。
※柄の部分にオリーブオイルを薄く塗布すると、退色をより避けられます。

クチポール NAU ティースプーン

新商品 おすすめ商品

¥ 1,100 (本体 ¥ 1,000)

商品コード 03194

数量

【ご注文商品のお届けについて】 現在、新型コロナウイルスの影響により、商品の出荷が一部遅延する可能性があり、 お届けまでにお時間をいただく場合がございます。
お客さまにはご迷惑をおかけしますが、順次発送してまいりますので、 商品の到着までいましばらくお待ちください。

モダンなデザインと上質な輝きが格別【クチポール NAU ティースプーン】

世界中で愛されるカトラリーブランド「クチポール」から2020年に誕生した「NAU(ナウ)シリーズ」。ポルトガルの伝統的な技術と熟練の職人によって、一本一本ハンドメイドで作られています。とことんすくいやすく、口に入れやすい形を追求したスプーンと、スプーンに合わせてデザインされたフォーク、ナイフのセット使いがぜひおすすめ。

口に入れる部分(つぼ)の立ち上がりが低く、平たいフォルム。紅茶やコーヒーを混ぜるだけでなく、シャーベットやアイスを食べるのに使っても。すくいやすさ抜群で、ティータイムに欠かせなくなるはず。

ステンレス×樹脂というクチポールらしいデザイン。境目はなめらかで、継ぎ目を感じません。口当たりのいい、ステンレスのマットな表面加工も特徴的です。


【カトラリー】商品一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    20年、30年と変わらず使える
    モダンなデザインで今世紀のスタンダードを築いたとされるクチポール。ヨーロッパ産の良質な原料を使い、工場は太陽光などの自然電力で稼働、と環境に負担をかけない姿勢も見事。高品質だからこそ、上品な輝きや使いごこちのよさを20年、30年と楽しめます。
  • 説明画像
    NAUシリーズ
    クチポールと親交のある日本代理店のリクエストから生まれたシリーズ。「NAU」は江戸時代の海上貿易の際にポルトガルと日本を行き来していた船の名前だそう。すくいやすさを追求し、まずはスプーンがデザインされました。
  • 説明画像
    ティータイムを上品に
    洗練されたデザインと、きゃしゃなフォルムでいつものティータイムが素敵な雰囲気に。
  • 説明画像
    平らで口に入れやすい
    スプーンは口に入れる部分(つぼ)の立ち上がりが低く、平たいのが特徴。縁が唇が当たらず、口に入れやすいのでスイーツを食べるのにもおすすめ。
  • 説明画像
    人間工学に基づいたデザイン
    見た目だけでなく、自然な動作で扱えるよう、長さや形、重心にもこだわりが。つぼ側にしっかりと重みがあり、手の位置と重心が近いので負担がなく、持ち姿も美しい。
  • 説明画像
    柄は三角鉛筆を思わせる形で、軸径や指を添える部分の丸みも考えぬかれた設計。
  • 説明画像
    いつものシャーベットに
    シャーベットやアイスを食べるのにもちょうどいいサイズ。小ぶりだから小さめの器でも食べやすいです。
  • 説明画像
    すくいやすさも抜群
    つぼが平たく、先端部分が直線なのですっと入って食べやすい! つるりとすべりやすいシャーベットも、最後まできれいにすくえます。
  • 説明画像
    同シリーズのデザートナイフ、デザートフォークとのセット使いはいかが。テーブルに統一感が出ます。
  • 説明画像
    同シリーズのディナーナイフ、ディナーフォーク、テーブルスプーンも販売中。合わせてどうぞ。
  • 説明画像
    吉川文子さんもおすすめ!
    菓子研究家。洋菓子教室「Kouglof」を主宰し、書籍、雑誌を中心に活躍。ふだんからクチポールを愛用中で「NAUはきゃしゃでやさしいフォルムが素敵。手指へのなじみもよく、ティースプーンは本当にすくいやすい!」とご納得。
  • 説明画像
    クチポール
    ポルトガルのカトラリー専門ブランド。17 世紀から根づくカトラリー作りの伝統を受け継ぎ、1963年に創立。本社は現在も創業当時の土地にあり、デザイナーを含め、創業一族が工場を営む。高い技術を持つ熟練の職人による、人間工学に基づいた設計やモダンなデザインに世界中が魅了されている。

おすすめ

close