1. 全ての商品
  2. 鍋・フライパン
  3. かまどさん・二合炊き
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/直径21×高さ16cm・3kg
●素材/陶器
●日本製

かまどさん・二合炊き

¥ 9,900 (本体 ¥ 9,000)

商品コード 01935

関連カテゴリ

  1. 鍋・フライパン
数量

【ご注文商品のお届けについて】 現在、新型コロナウイルスの影響により、商品の出荷が一部遅延する可能性があり、 お届けまでにお時間をいただく場合がございます。
お客さまにはご迷惑をおかけしますが、順次発送してまいりますので、 商品の到着までいましばらくお待ちください。

ふっくらおいしいご飯のための特別な土鍋

「とにかくおいしいご飯が炊ける!」とプロの料理家からの支持も厚い、ロングセラーの土鍋。琵琶湖の湖底からとれる陶土を使用した多孔質で肉厚の本体は、一度蓄熱すると火を止めてからもなかなかさめず、コツいらずでふっくらご飯が炊けます。炊き込みご飯も大満足の仕上がりに。


【長谷園・かまどさんのおいしさのヒミツ】

~釉薬~
遠赤外線効果の高い釉薬を使用しています。お米の芯まで熱が通り、ふっくらとしたごはんが炊き上がります。

~肉厚形式~
直火部分は肉厚成形の仕上げです。熱をしっかり蓄えて、穏やかに伝えます。保温性にも優れています。

~二重ふた~
圧力釜の機能を果たす二重蓋構造で、吹きこぼれを防ぎます。

~おこげも~
炊き上げ時間を1分前後延ばすと香ばしいおこげができます。

~伊賀の粗土~
伊賀ならではの粗土でできており、土鍋が木のおひつと同じように呼吸します。ごはんがべたつきません。

~玄米も~
炊き込みご飯や玄米、五穀米もおいしく炊き上げます。

天保3(1832)年築窯の伊賀・長谷園のご飯土鍋。琵琶湖の湖底からとれる陶土を使用。多孔質で肉厚の本体は、一度蓄熱すると火を止めてからもなかなかさめず、火加減いらずで簡単に炊くことができます。

※「オレンジページ 2017.7/17号」P34 掲載商品

【 ご飯釜・土鍋 】一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    土鍋本体、内ぶた、外ぶたがセットになっています。
  • 説明画像
    木製しゃもじ、陶製鍋敷きつき。
  • 説明画像
    小冊子もついているので、すぐに使えます。
  • 説明画像
    伊賀焼窯元 長谷園
    1832年に三重県伊賀市にて創業の窯元。多用途な調理のできる「ビストロ蒸し鍋」など、伊賀焼の伝統と技術を守りながら、今の時代をとらえた物作りに努め、人気を集めている。

おすすめ

close