1. 全ての商品
  2. ブランド別
  3. 家事問屋
  4. 家事問屋の蒸しかご
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/幅21.5(取っ手を含めない幅19.5、網部の直径17.3)×奥行き19.5 ×高さ4.5(深さ2)㎝・133g
●素材/18-8ステンレス(4メッシュ)
●食器洗い乾燥機使用可 電子レンジ使用不可
●日本製

※直径24㎝以上のフライパンで使用可能です。
※フライパンのからだきにならないよう、加熱中、湯がなくなりそうになったら必ず水(または湯)をたしてください。

家事問屋の蒸しかご

おすすめ商品 新商品

¥ 2,750 (本体 ¥ 2,500)

商品コード 03386

数量

気軽に蒸しものができる【フライパンで使える
蒸しかご】


直径24㎝以上のフライパンで、蒸し調理ができるすぐれもの。脚つき、取っ手つきの小ぶりな盆ざるです。フライパンに蒸しかごをセットして1カップ程度の湯を沸かし、食材をのせてふたをするだけ! 粗い目の網のおかげで水ぎれがよく、食材に均一に熱が通っておいしい蒸し上がりに。大量の湯を沸かさずにすむ手軽さと、蒸す以外にも使える汎用性の広さもgood。
※直径26㎝のフライパンで中火の場合、1カップの水で約8分間蒸せます。

燕三条で見つけた、機能派キッチンアイテム【家事問屋】とは
2015年に誕生した、生活道具を手がける「家事問屋」。使うほどによさを実感できる、ステンレスの道具類は、プロの料理家からの信頼も厚く、口コミでファンを増やしている新しいブランドです。その背景には、長年、多種多様な企業コラボ製品を作り出してきた積み重ねがあり、機能性も折り紙つきです。


【 家事問屋 】の商品一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    脚つき、取っ手つきの小ぶりな盆ざる。直径24㎝以上のフライパンで、蒸し調理ができます。
  • 説明画像
    お弁当おかずも
    フライパンに蒸しかごをセットし、1カップ程度の水を注いで火にかけます。湯が沸いたら、食材をのせてふたをするだけ! お弁当の具材一度に蒸せてラクチン。
    [目安:写真の材料の場合、中火で3分加熱]
  • 説明画像
    市販の肉まんも
    電子レンジに負けないくらいの気軽さで蒸せます。市販の肉まん、シュウマイなどでぜひお試しを。
    [目安:中火で8 分加熱]
  • 説明画像
    粗い目の網のおかげで水ぎれがよく、均一に熱が通っておいしい蒸し上がりに。ふかふかの生地や肉だねのジューシー感は、蒸し調理ならではのおいしさ!
  • 説明画像
    朝食セットも
    朝食に、バゲットとりんごをいっしょにに蒸してフライパンごと食卓へ。忙しい朝にも大活躍。
    [目安:弱火で1~2 分加熱]
  • 説明画像
    肉や魚も
    ステンレス製だから、肉巻きや生魚をのせてもにおいや汚れが気になりません。洗ったら拭くだけでOK。
    [目安:中火で8 分加熱]
  • 説明画像
    蒸し卵も
    たくさんの湯を沸かさずに、しっかりと全体を加熱できてスピーディ。
    [堅ゆでの目安:中火で8分加熱]
  • 説明画像
    中火で8分ほど加熱すると、写真のような仕上がりに。好みの堅さによって加熱時間を調節してみて。
  • 説明画像
    蒸す以外にも使える
    「小ぶりで脚つき」だから、気軽にいろんなシーンで活躍します。器にセットして、揚げものの油きりに使うのもおすすめ。
  • 説明画像
    そのまま食卓に出すと効率的! 盛り替える必要がないので、できたてを楽しめて洗いものも削減と、いいことづくめ。
  • 説明画像
    ぶりやさばなどの魚の湯びきにも。ステンレス製なので、におい移りもなく、気兼ねなく使えます。
  • 説明画像
    焼き菓子のケーキクーラーとして使っても◎。直径18cmのホールケーキにぴったりのサイズです。クッキー、スコーンなどにもどうぞ。
  • 説明画像
    大島菊枝さんもおすすめ!
    料理家、管理栄養士。カジュアルでおいしく、健康的なレシピが人気で、小誌の料理・体質改善の企画でも活躍中。「オイル不要の蒸しものはヘルシーで、素材そのもののおいしさを楽しめます。ステンレス製で衛生的なのが推しポイント!」と大島さん。
  • 説明画像
    家事問屋(かじどんや)
    新潟県・燕三条地域にて、地域に根ざすものづくりの歴史と素材・技術を背景に、家事道具や生活雑貨を製造、販売。産地ならではのノウハウを詰めた、シンプルで長く使える製品シリーズは、プロの料理家からの信頼も厚い。
  • 説明画像
    「ずっと使いたい」家事の道具を「ずっと」つくり続ける。
    金物の名産地・新潟県燕三条地域。工場ごとに得意な工程を受け持つ、分業スタイルが定番です。各工場と消費者とをつなぐのも「家事問屋」の仕事。

おすすめ

close