※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/全長24㎝、刃渡り12.5cm・55g
●素材/刃身:全鋼ハイカーボンステンレス特殊鋼 口金:ステンレス ハンドル:岐阜県産ヤマザクラ(天然木)
●食器洗い乾燥機使用不可
●日本製

※ハンドルは天然素材のため、色合いと木目、質感、サイズに多少の差があります。

kasane ペティナイフ

新商品 おすすめ商品

¥ 9,900 (本体 ¥ 9,000)

商品コード 03399

数量

「気持ちよく使える軽さと切れ味のよさがいい。テーブルに出しても映える素敵なデザインも魅力です。」(料理家 河井美歩さんより)

こちらの商品を紹介してくださったのは【料理家の河井美歩さん】

料理家の仕事とは別に、茨城県つくば市で暮らしの道具を取り扱う「cosaji 小匙」、テイクアウトデリの「小匙惣菜店」を経営する河井美歩さん。オリジナルや選りすぐりの良品を扱うオンラインショップも展開し、幅広くいいものを探すエキスパートです。その河井さんが教えてくれたのがこちらのペティナイフ。

「包丁に近いどっしりとしたタイプは重さが100g近くありますが、kasane ペティナイフは約55g と軽く、ハンドルも細めで長時間握っていても疲れません。刃は超薄型で切れ味が鋭く、さまざまな食材がスパスパと切れます」。刃渡りは短めで小回りがきくので、野菜の下ごしらえや果物の皮むき、肉や魚の下処理に最適。小さなまな板でも使いやすく、テーブルナイフとして卓上で使うのもおすすめです。

ナチュラルなデザインは、メーカー所在地の岐阜県で活躍する女性デザイナーが「インテリアを選ぶように包丁を選んでほしい」と手がけたもの。薄い刃先と切れ味のよさ、岐阜県産の山桜の天然木を用いたハンドルは、実用と美しさを共存させています。

河井さんのお店でも販売しており、購入されたお客さまが気に入って、自身のお母さまにすすめることも。たしかに、年を重ねると握力が弱まり、重く疲れる道具で料理がおっくうになることがあります。そんなかたにぜひ試してほしいペティナイフです。

【河井美歩さん】
大手料理教室にて講師、商品企画や開発を担当したのち、料理家として独立。製菓や製パン、マクロビオティックなどにも造詣が深く、雑誌や書籍、WEBなどで活躍中。2022年3月に茨城県つくば市に暮らしの道具のセレクトショップ、デリ総菜の店をオープン。インスタグラムmiho_kawai617kも人気。




【 ナイフ 】一覧は こちら

【 スタッフおすすめ 】一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    軽いからスムーズに切れる
    軽いので刃がリズミカルに動かせ、数種類の薬味もどんどんと切り進められます。切れ味がいいので手に負担がありません。
  • 説明画像
    暑い夏は短時間で調理したいので、中華あえ麺をよく作るという河井さん。中華風に調味した肉みそが味の要で、切るのは薬味だけという手軽さがお気に入りだそうです。
  • 説明画像
    食材のちょっとした下ごしらえに役立つ
    スナップえんどうは下から筋を持ち上げるとスッと取れ、鶏ささ身の細い筋にも刃先が入り、きれいに取り除けます。一般的に刃がすべりやすいわかめは、高硬度の刃ならではの切れ味でざくざくと切れます。
  • 説明画像
    果物を美しくカットできる
    余裕があるときは果物の簡単な飾り切りも。「うさぎりんご」を作ったり、縦4 等分に切って皮目を内側からVの字に切ってずらして重ねるだけでこのとおり! 軽量ナイフなので、持ち上げて皮をむくときもラクチンです。
  • 説明画像
    朝食作りにはこれ一本で
    河井さんが朝食におすすめしてくれた「アボカドとミニトマト、ベーコンのオープントースト」。食材はペティナイフで簡単に切るだけで、朝から大きな包丁を出さずに作れます。
  • 説明画像
    刃をまっすぐ下ろすだけで、パウンドケーキがきれいに切れる
    パウンドケーキを切るときは刃を前後に動かさずにまっすぐに下ろすと、断面に刃の跡がつかず、きれいに切れます。コンパクトなので、カッティングボードとともにテーブルに出してもじゃまになりません。
  • 説明画像
    刃先は0.15~0.2㎜と驚くほど薄く、刃渡り12.5㎝とスマートな印象。ハンドル部分は手になじみやすい天然木で、小さな手でも握りやすいように設計されています。清潔感のある白い紙製の化粧箱入りで、贈りものにもおすすめ。
  • 説明画像
    kasane(かさね)
    刃物の名産地・岐阜県関市で1916 年創業の㈱スミカマが手がけるブランドで、天然木のハンドルがやさしげな包丁やパン切りナイフなどもある。「kasane」の名は素材の重なりによる料理のおいしさ、日々の時間の積み重なり、手仕事の重なりによる確かな道具作りなど、さまざまな「かさなり」への思いがこめられている。

おすすめ

close