1. 全ての商品
  2. 私のお気に入り 掲載商品
  3. キャンブロのフードコンテナー
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ・容量(約)/19.3×19.3(底内寸14×14)×高さ10cm・290g・1.9L
●素材/本体:ポリカーボネート ふた:ポリエチレン
●アメリカ製
●本体:耐熱99℃、耐冷-40℃ ふた:耐熱70℃、耐冷-40℃
●電子レンジ、食器洗い乾燥機使用不可

キャンブロのフードコンテナー

おすすめ商品

¥ 3,132 (本体 ¥ 2,900)

商品コード 02120

数量
さすが業務用の使い勝手のよさ。
丈夫でかっこいいのも、長く使える理由かな


 作り置きおかずをいつもスタンバイさせておきたいので、保存容器はたくさん持っている、というワタナベさん。そのなかでもとくに気に入っているのが、このキャンブロ社のフードコンテナーです。
 色やにおいうつりしにくい保存容器を探していたときにお店で見つけ、試しに使ってみたらとてもよく、スタメン選手になったのだとか。
 「お鍋いっぱいに作った煮込みや、大量のマリネもしっかり入れられ、そのうえ冷蔵庫や棚にもぴったり納まっちゃう。ふたをした上に重ねても安定感があるのもよくて」

 業務用の容器で、軽くて丈夫なポリカーボネート製。扱いが楽で、気軽に使えるところもいいのだそう。
 「これで最小サイズというので、さすが業務用(笑)。本来家庭用の製品ではないと思うのですが、この1.9リットルタイプは、大きめの保存容器として一般家庭でも便利に使えるちょうどいいサイズですよね」

 ワタナベさんは、作った料理をたっぷり入れて、そのまま持ち寄りパーティに持っていくことも多いそう。グリーンのふたがアクセントで無機質になりすぎず、おしゃれな印象に見えます。
 また、粉ものや乾物、市販のお菓子などのストックに使うと、キッチンの見た目もすっきり。ホールのケーキを入れたり、ぬか漬けを作ったり、とにかく何でも受け止めてくれる懐の深さが魅力なのです。


ワタナベマキさん
グラフィックデザイナーを経て、2005年より「サルビア給食室」を立ち上げ、料理の活動を始める。季節感のある料理や保存食などが得意。小誌隔号連載「ワタナベマキさんの甘味処」も好評。著書に『作っておけて、すぐ一皿できる おかずの素』(KADOKAWA)など。

商品説明

  • 説明画像
    小麦粉や砂糖など、パンやお菓子作りの材料の保存にも便利。思い立ったときにさっと作りはじめられます。口が広いので、粉ものもすくいやすく、計量も楽ちん。
  • 説明画像
    気づくとたまってしまう市販のお菓子類も、コンテナーに移し替えると、見た目すっきり。透明なので、中身もひと目でわかります。
  • 説明画像
    ぬか床を入れ、ぬか漬けの容器として使っても。口が広いのでかき混ぜやすく、冷蔵庫にもすっきり納まります。
  • 説明画像
    形をくずしたくないケーキは、逆さにしたふたの上にのせ、本体をカバーのようにかぶせて保存。このまま持ち運びもできます。
  • 説明画像
    スタッキングできるので、使わないときは省スペースで保管できます。
  • 説明画像
    CAMBLO
    1951年創業。米国カリフォルニアに本社を持ち、プラスチック製トレー、食器、備品の分野において世界各国で高いシェアを持つ専門メーカー。業務用製品が主だが、このフードコンテナーなどは機能性とストイックなビジュアルのよさから、セレクト系雑貨店でも取り扱われ、とくにインテリアにこだわりを持つ人に人気を集めている。

おすすめ

close