1. 全ての商品
  2. 食器・テーブルウェア
  3. カトラリー・ジャグ
  4. カイ・ボイスン ステンレスカトラリー・ディナースプーン
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/長さ197mm・58g
●材質/18-10ステンレススチール
●日本製

カイ・ボイスン ステンレスカトラリー・ディナースプーン

¥ 1,760 (本体 ¥ 1,600)

商品コード 02166

数量

【ご注文商品のお届けについて】 現在、新型コロナウイルスの影響により、商品の出荷が一部遅延する可能性があり、 お届けまでにお時間をいただく場合がございます。
お客さまにはご迷惑をおかけしますが、順次発送してまいりますので、 商品の到着までいましばらくお待ちください。

シンプルながらほかにない形と質感。
使うたびに気持ちよくなるカトラリー。


 香ばしく焼いたポークソテーをすーっと切るナイフ。切った肉はフォークに刺して、ぱくり。ワタナベマキさんの食卓の定番カトラリーは、この「カイ・ボイスン」のもの。家族の食事にも、来客用としても、年じゅう使っているそう。
 
 「きれいなラインやマットな質感、持ったときの重さや感触……。すべてがしっくりくるんです」とワタナベさん。ナイフとフォーク、そしてスプーン。メニューによって組み合わせを変えています。

 デンマーク王室御用達の「カイ・ボイスン」。今では世界中で人気の老舗ブランドです。ワタナベさんのお宅に初めてやってきたのは、じつは出産祝いにプレゼントされたベビーセットだったとか。もう9歳になる息子さんが幼かったころ、離乳食をベビースプーンやスプーンフォークで食べて育ったのだそう。

 それから、ディナー用カトラリー、デザートやコーヒー、紅茶用の小さなカトラリー、サラダサーバー……と少しずつ買い足していき、種類も数もずいぶん増えてきました。
 「お客さまのときにも使うので、カトラリーはそれぞれ6本ずつそろえています。どんな料理にも合って、飽きのこないところが魅力ですね」

 長く愛されているのは、シンプルに見えつつも計算されたデザインゆえ。プレゼントされてうれしかったワタナベさんは、ご自身でも贈り物に選ぶことが多いそうです。

ワタナベマキさん
グラフィックデザイナーを経て、2005年より「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家としての活動を始める。旬の素材を大切にした季節感のある料理や、保存食、乾物料理などが得意。ご自身の趣味でもあるアウトドア料理のレシピをまとめた『絶対おいしいキャンプごはん』(小社)も販売中。


【 KAY BOJESEN | カイ・ボイスン 】商品は こちら

【 ワタナベマキさん 】おすすめ商品は こちら

【 カトラリー | お箸 】商品一覧は こちら

 それぞれ商品一覧ページへジャンプします

商品説明

  • 説明画像
    ぴかぴかしすぎない、マットな質感がお気に入り。麻のキッチンクロスでていねいに拭き、大切に使っています。
  • 説明画像
    朝ごはんプレートには、ディナースプーン&フォーク。「意外にどんな皿でも似合っちゃう」とのこと。
  • 説明画像
    小さめサイズのスプーンとフォークはおやつに。シリアル&フルーツ、ケーキやゼリー……出番多し!
  • 説明画像
    少しずつ買い足しているという、ワタナベさんのカイ・ボイスンコレクション。小さめのレードルやサーバーも、日々活躍しているアイテム。
  • 説明画像
    息子さんが使わなくなった今でもきれいに保管しているベビーセット。右は食材をつぶして食べやすくするT字形のマッシャー。このセットがとても気に入り、カイ・ボイスンを意識するきっかけになったとか。
  • 説明画像
    カイ・ボイスン
    1886年にデンマークで生まれたカイ・ボイスンが「ジョージ・ジェンセン」にて修行後独立。もともとシルバーカトラリーとしてデザインされたステンレスのカトラリーは、ミラノ芸術展で1951年に最優秀賞を受賞し、「グランプリ」と名づけられた。現在はデンマーク王室御用達となり、各国のデンマーク大使館はじめ、世界の家庭でも愛用されるシリーズ。

おすすめ

close