1. 全ての商品
  2. 食器・テーブルウェア
  3. お皿・プレート
  4. サタルニアのチボリ・オーバルプレート〈23㎝〉
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/230×145×高さ32㎜・440g
●材質/磁器
●電子レンジ、食器洗い乾燥機使用可
※まれに製造過程で生じるゆがみなどが見られる場合があります。

サタルニアのチボリ・オーバルプレート〈23㎝〉

¥ 1,760 (本体 ¥ 1,600)

商品コード 02248

毎日気がねなく使える、シンプルな白い皿。
わが家でいちばん出番の多いシリーズです。


 扉を開くと数多くの食器が並ぶ、ワタナベマキさん宅の食器棚。とくにさまざまな白い器が目につきます。なかでも日々よく使うのが、この「サタルニア」の皿なのだそう。
「シンプルながら、適度な厚みや重みがあって、この安定感がいいんですよね。何を盛っても不思議と似合います」とのコメントとともにおすすめしてくれた、イタリア生まれの業務用食器。実用性の高いデザインは、イタリアのトラットリアやバルの定番なのだそう。磁器特有のつややかな白色で、薄手の食器に比べると多少重さを感じますが、このぽってりとした厚みが魅力。

 初めは丸皿を購入し、その質感を気に入ってオーバル(だ円)の皿を買いたした、というワタナベさん。「とくにオーバル皿は、ふだんのおかずをざっくりとラフに盛っても、パーティメニューを並べても、思った以上にかっこよく決まるので気に入っています」
 洋食はもちろん、中華やエスニック料理にも合い、他の食器とも合わせやすいのだそう。
「オーバルの大皿に丸い取り皿、というのもいいですし、取り皿だけオーバルにするのも素敵。いつもの食卓にオーバル皿を加えることで、リズムをつけられるんです」と教えてくれました。

 加えてお気に入りポイントとして挙げてくれたのが「丈夫さ」。あまり気をつかわず使える安心感があるのだとか。「個人的感想ですが、本当に割れない(笑)。長く使っていると多少傷はつきますが、それも『いい味』と思えるお皿です」。

ワタナベ マキさん
グラフィックデザイナーを経て料理家に。野菜たっぷりの体にやさしいごはんは、おしゃれで作りやすいと評判で、雑誌や書籍、テレビなどで幅広く活躍している。季節を問わず、アウトドアごはんを楽しむ、キャンプ好き。インスタグラム(@maki_watanabe)も人気。


【 Saturnia | サタルニア 】商品一覧は こちら

【 ワタナベマキさん 】おすすめ商品は こちら

【 プレート | お皿 】全商品一覧は こちら

 それぞれ商品一覧ページへジャンプします

商品説明

  • 説明画像
    取り皿としても優秀な23㎝サイズは、ショートパスタをさっと盛り分けても様になります。丸い大皿とのバランスもしっくり。
  • 説明画像
    23㎝の皿に前菜を1種類ずつ盛りつけ。同じ皿でそろえて並べると、デリ風に。
  • 説明画像
    パン皿やデザート皿としても使える23㎝。お客さま用としても便利なので、複数枚そろえるのがおすすめ。
  • 説明画像
    28㎝サイズは、ワンプレートメニューにぴったり。ご飯と肉おかず、サラダの盛り合わせも、細長いオーバル皿ならよりおしゃれに。準備や片づけも楽々。
  • 説明画像
    31㎝の大皿には、アクアパッツァ。尾頭つきの魚が映えるのは、オーバルだからこそ。
  • 説明画像
    ぽってりとした厚みが特徴。少し立ち上がりがあるので、汁けのある料理もウェルカム。
  • 説明画像
    サタルニア
    1960年代に設立された、イタリアのテーブルウェアブランド。ヨーロッパの日常に溶け込む、白い磁器の器は、今ではイタリア本国はもちろん、世界中のカフェやレストランで使われている。さまざまなラインのなかでもとくに人気の「チボリ」シリーズは、ぽってりとした厚みが温かみやレトロ感を感じさせ、日常使いのできる丈夫さも折り紙つき。

おすすめ

close