1. 全ての商品
  2. 調理・製菓道具
  3. 調理道具
  4. マイクロプレインの〈ゼスターグレーター〉
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/幅3.5×長さ31.8×厚さ(ハンドル)3.3㎝・93g
●材質/刃部:ステンレススチール ハンドル、刃部滑り止め:エラストマー樹脂
●保護カバー(ポリ塩化ビニール製)つき

マイクロプレインの〈ゼスターグレーター〉

¥ 3,300 (本体 ¥ 3,000)

商品コード 02300

数量

LINE友だちキャンペーン 10%OFFクーポン配布中 いま、オレンジページのLINE公式アカウントの「友だち」全員に、期間限定10%OFFクーポンを差し上げています!
オレンジページのLINE公式アカウントはこちら>>>

【キャンペーン期間】
11月24日(水)10:00 ~ 12月10日(金)23:59

・実施期間はご注文日が基準となります。
・お電話での注文は対象外です。
・Suicaのペンギングッズとオレンジページ監修おせちは対象外です。
・期間内、一人一回限りのご利用となります。
・キャンペーン対象外の商品といっしょに決済することも可能です。
・在庫僅少の商品もございますので、品切れの場合はご容赦ください。

「ふわっふわの仕上がり感もテーブルでのパフォーマンス映えも抜群!」(みなくち なほこさんより)

かんきつの皮が力を入れずとも美しくおろせると評判の、マイクロプレイン社のおろし器。シンプルな見た目ながら、しょうがを皮ごと細かくおろしたり、デコレーション用のチョコレートを削るなどに使えるアイテムです。

こちらの商品を紹介してくださったのは【みなくち なほこさん】

 鮮やかな手つきでシーフードサラダにレモンの皮を、さらさらーっとトッピングしてくれた、みなくちさん。たちまち、おしゃれで華やかな仕上がりになります。
 もともと、かんきつ類の果皮を料理やお菓子に使うことが多いとのこと。ライムやオレンジ、ゆず、かぼす……。とくにご主人の実家の徳島から送られるすだちが、みなくちさんは大好きなのだそう。
「ほんの少しのかんきつの皮で、香りやビジュアルがぐっとよくなりますよね。マイクロプレインのおろし器は、切れ味がよくて、本当に優秀」と大絶賛。多くの料理人から支持を集めるその切れ味は、大工道具から開発されたと聞いて納得です。力を入れなくてもきれいにおろせ、だまにならずに料理全体にまんべんなくふりかけられる、というのも魅力。パスタにチーズをかけたいときや、ケーキにチョコレートをトッピングしたいときにも便利です。

 購入のきっかけは、とあるビストロのシェフが、料理の仕上げにこのゼスターグレーターでライムの皮をさっと削ってトッピングした姿を見たことだったとか。以来、毎日のように使うみなくちさんの愛用品に。
「しょうがやにんにく、少量の大根もこれでおろせるので、まさに万能。もう手放せません!」
 シンプルなデザインや、目詰まりせずにさっと洗うだけできれいになるところも、おすすめポイントです。

【みなくち なほこさん】
毎日作って食べたい家庭料理から、アウトドア料理、スイーツまで幅広いジャンルの料理を手がける。自他ともに認める「道具好き」で、愛ある厳しい審美眼に信頼を寄せる人が続出。季節ごとの料理教室や、鉄鍋を使ったワークショップ「鉄なべごはん会」も大好評。http://www.n-minakuchi.com



【 調理道具 】一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    抜群の切れ味を誇る良質の刃。わずかな立ち上がりで、食材を細かくおろせます。
  • 説明画像
    パスタの仕上げに、すりおろしながらたっぷりかけたい、パルミジャーノチーズ。
  • 説明画像
    このふわふわ感はほかのおろし器では出せない!
  • 説明画像
    しょうがは皮ごと、繊維を断ち切りながらおろせるので驚くほどなめらかに。おろしにんにくにも本領発揮。
  • 説明画像
    シンプルなケーキの上に市販の板チョコを削るだけで、プロ級の仕上がりに。
  • 説明画像
    かんきつの皮をおろしてプラスすると、ふだんの料理も華やかに。みなくちさんのおすすめは、お吸いものの仕上げや、酢めしに散らすこと。
  • 説明画像
    目詰まりせず、指でなぞるだけで、おろした食材がするっと離れます。
  • 説明画像
    調理台やテーブルに置いたときに刃がどこにもつかない構造も衛生的。
  • 説明画像
    マイクロプレイン
    アメリカの大工用具メーカー。1994年、木工用やすりをヒントに、チーズをおろすグレーターと、かんきつ類の果皮をおろすゼスターの両機能を兼ね備えたものを商品化。世界中のシェフや料理家の間で話題となる。日本では2004年から販売。

おすすめ

close