1. 全ての商品
  2. 食器・テーブルウェア
  3. お皿・プレート
  4. 「イッタラ」ティーマのスクエアプレート・ホワイト
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/16.5 ×16.5 ×高さ4.5㎝・460g
●素材/磁器
●電子レンジ・オーブン・冷凍庫・食洗機での使用可
●「根菜のグラタン」「ベリーのクラフティ」のレシピカードつき

「イッタラ」ティーマのスクエアプレート・ホワイト

¥ 3,780 (本体 ¥ 3,500)

商品コード 02325

数量
正方形でほどよい深さ、しかも耐熱。
シンプルながら、ありそうでない銘品です。


「スクエアの器があると、テーブルコーディネートの幅が広がります」
 ふだん使いの食器について、フードスタイリストの八木さんからうかがった言葉です。実際に、スクエア(正方形)の器を主役にしたテーブル例を見せていただきました(トップ画像)。1種類ずつ、サラダ、揚げもの、副菜などを盛り分けたスクエアプレートを一列に並べると、おしゃれなデリカフェ風に。器の色が違っているのも楽しげです。
「手持ちの器は丸いものが多いので、スクエアの器を合わせると、アクセントになりますね」と八木さん。

 こちらは、世界中で人気のティーマシリーズの器。立ち上がりの角度や深さ、色バリエーションの美しさも八木さんが気に入っている理由とか。加えて重要なのが「耐熱」であることなのだそう。
「一見そうは見えないかもしれませんが、オーブン料理に使え、じつはかなり丈夫、というのがうれしくて。そもそもはグラタン皿にしたくて、ブラック(現在は生産終了)などの濃い色から購入しました」

 八木さんがもともと持っていたティーマシリーズの丸プレートはもちろん、ほかの食器とも合わせやすいとか。思った以上に料理を選ばず使い勝手がいいので、それから少しずつ買い足しているとのこと。
 おかずのほか、ケーキを焼いたり、どんぶり代わりにしても。あえて色違いでそろえてもよさそうです。

八木佳奈さん
短大の栄養科を卒業後、食品会社に勤務しながらフードコーディネーター養成学校に通い、同校講師を経て独立。雑誌や広告でスタイリストとして活躍しつつ、料理研究家としての活動も。2 人の娘のためのお祝いごはんや手作りおやつを紹介するブログも人気。


【 iittala | イッタラ 】商品一覧は こちら

【 八木佳奈さん 】おすすめ商品は こちら

【 お皿 | プレート 】全商品一覧は こちら

 それぞれ商品一覧ページへジャンプします

商品説明

  • 説明画像
    深さもあり、グラタン皿にぴったり。八木家の秋冬の定番は、里いもやれんこんがごろっと入った「根菜のグラタン」だとか。
  • 説明画像
    ご飯の上におかずをのせ、どんぶりとして使っても。ターコイズはアジアやエスニックメニューにもよく合う。
  • 説明画像
    ケーキ型としても重宝。そのままテーブルに出せるのもうれしいところ。「ベリーのクラフティ」は来客時にもぴったり。
  • 説明画像
    正方形の形は和にもしっくり。お正月には、ホワイトとブラックを2 枚ずつ並べて、カジュアルなおせち料理のコーディネートに活用中。
  • 説明画像
    スタッキングでき、コンパクトに収納できるところも高ポイント。
  • 説明画像
    新色のドッテドグレーは、白い点が全面にちりばめられ、満天の星のよう。さりげないので、無地の器感覚で使える。
  • 説明画像
    iittala
    フィンランドのガラス工房として1881年に誕生。あまりにも有名な伝説的デザイナー、カイ・フランクやアルヴァ・アアルトの精神が息づく、時代を超えた普遍的なデザインは、世界中で幾世代にもわたって愛用されている。
  • 説明画像
    ティーマシリーズ
    1948年にデザインされた〈キルタ〉シリーズをもとに、カイ・フランクが、電子レンジの普及など、ライフスタイルの変化に合わせて改良を加えた、人気のシリーズ。機能性、耐久性にすぐれ、ふだん使いにおすすめ。

おすすめ

close