1. 全ての商品
  2. 調理・製菓道具
  3. 製菓・製パン器具
  4. バウルーの〈ホットサンドメーカー〉ダブル
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/幅14.5 ×全長35 ×高さ3.7㎝・420g
●素材/アルミダイキャスト、ステンレス、フェノール樹脂、フッ素樹脂加工
●IH使用不可
●日本製
●レシピカードつき

バウルーの〈ホットサンドメーカー〉ダブル

¥ 4,536 (本体 ¥ 4,200)

商品コード 02338

《こちらの商品は完売しました》

母から受け継ぎ、使いつづけている大好きな道具。
カリッ、ふわっの焼き上がりがたまりません。


「引っ越しのたびに、大切に連れてきて、今に至ります」
 料理研究家の髙山さんが、実家住まいのときから、一人暮らしのときも、結婚した現在も使いつづけている愛用の道具が、バウルーのホットサンドメーカー。なんと髙山さんのお母さまが独身時代から使っていたもので、40年以上活躍の現役選手。
「シンプルなデザインだからこそ、丈夫なのかもしれません。こんなにも長く使いつづけられるとは、自分でも驚きです(笑)」

 現在のモデルは、内側がフッ素樹脂加工になり、パンや具がこびりつきにくく、お手入れしやすくなりましたが、ほとんど変わらぬデザイン。
 発売当初から大人気を博した、こちらの日本初のホットサンドメーカーは、現在も生産が追いつかないほどの人気商品。蓄熱性の高い厚いアルミ板でパンをはさんでじか火にかけることにより、表面温度が一気に上がり、コーティングをするようにしてうまみと適度な水分を閉じこめるというしくみ。サクッとした食感と、中のジューシーな食材の味わいを楽しめるのが特徴です。
「トーストに具をはさむのとは、また違う、独特のおいしさですね。香ばしさが調味料になるというか」と髙山さん。弱火で5分、ひっくり返して4分、が基本の焼き方だとか。開けたときに好みの焼き色だと最高の気分! 焼き上がりを待つ間のわくわく感も魅力といえそうです。

髙山かづえさん
料理研究家。ワインソムリエ。デイリーなおかずからお酒に合うおつまみまで、繰り返し作りたくなるレシピが人気。近著に『オーブンなしで焼ける フライパンちぎりパン』(小社)など。


【 製菓 | 製パン器具 】一覧は こちら

【 調理道具 】全商品一覧は こちら

 それぞれ商品一覧ページへジャンプします

商品説明

  • 説明画像
    2種類作って、ご主人と分けることが多いそう。よく作る好きな組み合わせは、「ハムチーズマッシュルームトマト」と「しらすねぎチーズ」。
  • 説明画像
    甘酸っぱい「ラズベリーバナナチョコレート」はおやつに。
  • 説明画像
    取っ手の部分をロックできるので、たくさんの具をはさめます。
  • 説明画像
    薄型なので、キッチンの引き出しや棚のちょっとしたすきまにするりと入れられます。持ち手に穴があるので、つり下げ収納も可。
  • 説明画像
    髙山さんが、お母さまから受け継いだ愛器は、中面に加工が施されていない、アルミそのままのタイプ。長年使い込まれた質感が素敵です。今も現役で活躍中。
  • 説明画像
    軽くて持ち運びしやすく、アウトドアにもぴったり。キャンプの朝ごはんに食べるホットサンドはまた格別!
  • 説明画像
    表面に入ったロゴがおしゃれ。レトロなパッケージデザインもいかしてます。
  • 説明画像
    バウルー
    名前の由来は、ブラジルサンパウロ州バウルー村(現在はバウルー市)から。そこで使われていたパン焼き器を 日本向けに作り替えた商品が1970 年代に発売され、大ブームに。現在も新潟県燕市の老舗金属加工工場で一つ一つ作られている、日本のホットサンドメーカーの定番商品。フラットに仕上がるシングルタイプもあり。

おすすめ

close