1. 全ての商品
  2. 調理・製菓道具
  3. 製菓・製パン器具
  4. 柳宗理のステンレスボール23㎝&ゴムべらセット
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・容量・重さ(約)/ボール:口径23 ×高さ11.9㎝ ・3.4ℓ・380g ゴムべら:幅(最大)5.5 ×長さ25.5㎝・100g
●素材/ボール:18-8ステンレス ゴムべら:シリコーンゴム、ステンレススチール(芯部)
●耐熱・耐冷温度/ゴムべら:260℃・-20℃

柳宗理のステンレスボール23㎝&ゴムべらセット

新商品 おすすめ商品

¥ 4,838 (本体 ¥ 4,480)

商品コード 02548

数量
「とにかく混ぜやすさ抜群! 味にも仕上がりにも必ず差が出ます。」(お菓子研究家 下迫綾美さんより)

日本を代表的するプロダクトデザイナー柳宗理(やなぎそうり)のデザインしたステンレスボール23cm。通常のボールに比べて深さがあるので、生クリームのホイップなどにも最適。18-8ステンレスを使用しているので、丈夫で清潔に使えます。
下迫さんおすすめ、シリコーン一体型のゴムべらとセットにしてお届けします。

こちらの商品を紹介してくださったのは【お菓子研究家 下迫綾美さん】

ステンレスボールはたいていの人は持っていると思いますが、自信を持って「大満足!」と言える人はどのくらいいるでしょうか。
「口径23㎝のサイズで、本当に使いやすいボールを一つ持っていると、それだけで料理のしやすさが格段に変わります」と下迫さん。
「とくにお菓子作りは、材料を混ぜるという作業が多いので、〈混ぜやすい〉というのはもっとも重要なポイントです」
 さまざまなステンレスボールを使ってきた下迫さんが絶大な信頼を寄せるのが、柳宗理(やなぎそうり)のボール23㎝サイズ。生地を混ぜたり、生クリームの泡立てに使ったりするボールは、これが最適なのだそう。
今号の企画「うっとり♡シフォンサンド(「オレンジページ 2018.11/2号」P14〜)」を作るにあたっても、大活躍でした。
 こちらのボールのシリーズは、料理の専門家や多くの主婦の意見に基づき、長い間研究を重ねて製品化されたもの。サイズごとに形状が異なり、23㎝は「混ぜやすい」ことを第一に考えられたデザインになっているのだとか。
 いちばんの特徴は、深めで底まで丸みのあるデザイン。底が平たくないことで、少量の材料も泡立て器で混ぜやすく、また、ゴムべらはひっかからず、カーブに沿ってなめらかにすべらせることができます。素材は、丈夫で高品質な18-8ステンレス製。料理好きも、ビギナーさんも、だれでも大満足できる道具になるはずです。

【下迫綾美さん】
東京都内の洋菓子店で7年間の修業後、2008 年に独立。製菓衛生師免許取得。雑誌、書籍などでのレシピ開発、お菓子製作、お菓子教室を行っている。小社「コトラボ」にてのスイーツレッスンも大好評。(https://www.thinglike.com)


「オレンジページ 2018.11/2号」P16 掲載商品

【 お菓子作り | 製菓道具 】一覧は こちら

商品説明

  • 説明画像
    生クリームの泡立てもしやすい形状。同じサイズのボールに氷水を入れ、重ねて泡立てると安定感も抜群。
  • 説明画像
    ボールの底に丸みがあるので、卵1個でも広がらず、ハンドミキサーでしっかり泡立てられます。
  • 説明画像
    ゴムべらで生地を混ぜるときもひっかからず、ボールにそってなめらかにすーっと生地をすくえるのでストレスなし。
  • 説明画像
    野菜を洗うときや、水にさらすときにも重宝。たっぷりサイズなので、複数の野菜をまとめて入れられます。
  • 説明画像
    パスタソースをボールに作っておき…
  • 説明画像
    ゆで上がったパスタを入れてからめる、なんていう使い方にもぴったり。使ってみると実感できる、混ぜやすさとからめやすさ。
  • 説明画像
    柳宗理(やなぎそうり)
    日本が誇るインダストリアルデザイナー・柳宗理氏がデザインを手がけ、佐藤商事が製造・販売するキッチン・テーブルウェアのトータルブランド。1974年デビューのステンレスカトラリーから始まり、現在は多数のラインナップをとりそろえる。
  • 説明画像
    先生おすすめの【ゴムべら】もセットでお届けします
    先のしなりぐあいがほどよく、どんな堅さの生地も混ぜやすい、と下迫さんが愛用するゴムべら〈オールシリコンプロクリーナー〉。シリコーン一体型で、酸やアルカリ、熱にも強く、洗いやすくて衛生的なのも魅力。 【ボール単品】はこちら

おすすめ

close